loader image

もてぎ不動産
とは?

業務内容

物件情報

 
貸主様・売主様へ

貸主様
売主様へ

 

お知らせ・ブログ

ブログ

よくある質問

アクセス

お問い合わせ

不動産イラスト-現地案内-
気球イラスト

What's MOTEGI?

もてぎ不動産てどんな会社?

お客様のことを一番に考えた不動産さんになりたいと思い作った会社がもてぎ不動産です。だから絶対に嘘はつかない。わからないことをわからないままにしない。軽いフットワークとスピード感あるサービスで、お客様と一緒に楽しい未来を作る不動産会社です。

 
8

WORKS

業務内容

「もてぎに頼めばなんとかなる!」そう言っていただける不動産会社を目指しています。一戸建てやマンション、土地の仲介はもちろん、「そんなことまで ?!」と思っていただける幅広い分野でお客様をサポートいたします。

新築・中古

リノベーション

Q&A

A. 一般的に不動産購入の諸費用は購入金額の8%前後くらいだと言われています。諸費用の中には印紙代をはじめ、登録免許税、不動産取得税などの税金に加え、住宅ローンの手数料や保証料金・仲介手数料・司法書士費用などのがかかります。物件価格以外に意外と費用がかかりますので事前にしっかりと確認しておく必要があります。

A. まず、不動産の購入時に「不動産所得税」がかかります。
その後、「固定資産税」と「都市計画税」が毎年課税されます。それぞれの税金の課税率は以下の通りです。

不動産取得税=課税標準(固定資産税評価額)×税率(原則4%)

固定資産税 =課税標準(固定資産税評価額)×税率(原則1.4%)
都市計画税 =課税標準(固定資産税評価額)×税率(原則0.3%)

A. 一般的に住宅ローンは不動産価格の80~90%が限度になりますので、物件価格の2割の頭金を準備できると理想的だといわれています。
ただ金融機関によっては物件価格の100%以上のローンが利用できる場合もありますので頭金がない場合でも購入は可能です。事前に金融機関にローンの相談をしておくことをおすすめいたします。

A. 勤続年数3年を審査条件としている金融機関が多いですが、職種が変わっていない等の理由の場合は、転職後1年位(または1年未満)でも利用が可能になる場合もあります。まずはご相談ください。もてぎ不動産がお力になります。

A. いくつかの方法がありますが、それぞれにメリット、デメリットがありますのでまずはご相談ください。

方法1.
売却後、賃貸物件に一旦仮住まいをする。
賃料や引越し費用がかかりますが、じっくり次の物件を探すことができます。

方法2.
売却・購入を同時進行させる。
購入、売却の契約を同時進行させるため、互いの引き渡し時期等の調整が必要になりますが、自宅に住んだまま次の物件を探せるので費用を最小限に抑えることができます。

方法3.
銀行のつなぎ融資を利用する。
売却代金で完済することを前提に銀行からつなぎ融資をうけ、新しい物件を購入することも可能です。売出価格やスケジュールの設定などに気をつけなくてはなりませんが、売却前であっても、気に入った物件が出た時点で購入できるのメリットがあります。

 

A. 仲介手数料は法律で上限額が定められています。

・売買価格の200万円以下の部分は5%+消費税
・200万円を超え400万円以下の部分は4%+消費税
・400万円を超える部分は3%+消費税

ただし、売買価格が400万円を超える場合は、「売買価格×3%+6万円」となります。

Scroll to Top