loader image

BLOG

ブログ

★お知らせ★南アルプス市飯野 全2棟 新築建売住宅好評販売中 

南アルプス市飯野 全2棟 新築建売住宅好評販売中(^_-)-☆

地震や台風に負けない!最高の耐震等級を全棟取得。

1号棟:2660万円

1A2C0D7E AB63 449F AE5B 76D94CA42F08
dt72181 6
2 1

2号棟:2630万円

D06BD8A7 31BB 4495 83EE 064FE119A78E
dt72182 6
2 1

東栄住宅の建物は、国が定めた耐震等級で最高の3を取得。
建築基準法に定められた、「数百年に一度発生する地震に対して、倒壊、崩壊しない。」という基準から、
さらに1.5倍の耐震力を達成しています。

耐震等級の目安

耐震等級3

係数 22~54最高等級耐震等級1の地震力の、1.5倍の地震力に対抗できる。

耐震等級2

係数 18~45耐震等級1の地震力の、1.25倍の地震力に対抗できる。

耐震等級1

係数 15~29数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の地震力に対して、倒壊・崩壊せず、数十年に一度発生する地震(東京では震度5強程度)の地震力に対して損傷しない程度(建築基準法同等)

  • ※それぞれの等級に対して必要な壁量があり、上記図は必要壁量を求める係数を表しています。
  • ※上記図は軽い屋根を前提としています。

地震や台風に負けない!面を強化する耐震構造。

img 040

柱は垂直の力には強いのですが、水平の力には無力です。
耐震構造とは、一般的に壁などの「面」を強化することで地震や台風などの横からの力に抵抗します。

thumb hl earthquake0101.耐力壁横からの力に耐える「面」

img 050

耐力壁とは、地震や台風などの水平力に耐えるための壁です。
耐力壁を構成する材料は、柱、横架材(梁など)のほか、面材耐力壁、筋交などで、耐力の強さ(壁倍率)に応じていろいろな種類があります。

img 060

1構造用面材面材耐力壁を作るのに用いられる合板等のボード材。

img 070

2筋交い柱と柱の対角線に取り付けられた耐力壁。
片方向の片筋交い、両方向のたすき筋交いがある。

在来工法※在来工法では、面材耐力壁を標準仕様とし、壁量が不足する場合に必要箇所に筋交耐力壁を配置しています。面材耐力壁当 社2.9パーチクルボード9mm厚
(大臣認定仕様FRM-0177)
一 般2.5構造用合板2級9mm厚
(告示仕様:2.5倍)
筋交耐力壁断面寸法45×90mmの筋交を採用
(告示仕様:片掛け2.0倍、たすき掛け4.0倍)
2×4工法面材耐力壁当 社3.5構造用合板1級9mm厚
(告示仕様:3.5倍)
一 般3.0構造用合板2級9mm厚
(告示仕様:3.0倍)
石膏ボード12.5mm厚大臣認定仕様1.0倍
(TBFC-0048)
15.0mm厚大臣認定仕様1.4倍
(TBFC-0073)
※45分準耐火構造の場合

thumb hl earthquake0202.水平構面横の力を「面」に伝える

img 090

地震や風による水平の力に耐えうる床や屋根 (野地板)で構成される水平の要素のことをいいます。床面全体で地震の力を受け止めて耐力壁に平均的に力を伝えることで耐震性を高めています。さらに、梁や桁といった構造材が地震の力で変形することを防ぐため、火打ち金物で補強します。

img 100

3火打構面

部位:天井裏
材料:火打金物、木製火打
人が乗らない部分であるため、通常の床板を使用するのではなく、火打金物で強度を保つ。

火打金物・木製火打
梁・桁など、水平に直交する部材の四隅を固定して変形を防止するため、斜めにかけ渡された補強材のこと。

img 110

4床構面部位:2F床
材料:構造用合板24mm
床は根太(床の下地)のいらない構造用合板24mmを利用。

img 120

5屋根構面部位:野地板
材料:構造用合板またはOSB12mm
屋根材の下地として構造用合板等の面材と垂木とで構成され、所定の条件を満足することで水平構面の働きを有する。

thumb hl earthquake0303.接合金物「面」と柱をつなぐバイプレーヤー

img 130

適切な箇所に適切な金物を選択することで、力が適切に伝わり、本来の耐震力を存分に発揮することができます。

img 140

6柱の接合金物耐力壁の両脇の柱に引き抜きの力が発生するため、耐力壁の配置や強さに応じて柱の上下に設置される。
※仕様が変更になる場合がございます。

img 150

7羽子板金物(横架材直交部に設置)補強金物のひとつ。

img 160

8短冊金物(横架材継手部に設置)補強金物のひとつ。

img 170

9筋交金物筋交い金物とは、水平力に対抗するための補強材である筋交いと柱の接合部に取り付けられる接合金物のこと。

img 180

10横架材柱などの垂直材に対して、直角に渡す部材を横架材という。
梁やけたなどがその代表例である。

thumb hl earthquake0404.べた基礎足元を支えるベタ基礎

img 190

べた基礎は立ち上がりと底面全体が一体の鉄筋コンクリート造となり、建物荷重を底面全体で地盤に伝えるため、基礎の一部だけが沈む「不同沈下」に対する有効な措置と言えます。
また、基礎と土台とをつなぐアンカーボルトは、大きな地震などにより建物が基礎から外れたり持ち上げられたりしないための役割があります。べた基礎は、建物下の地面をコンクリートで覆うので、地面からの湿気を防ぐ効果もあります。

img 200

11べた基礎べた基礎(仕上がり幅150mm・底盤厚150mm)
鉄筋コンクリート造

Scroll to Top